青山グルメマーケット
店舗TOP マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ お客様の声 サイトマップ
新潟 南魚沼産米 山形 高畠産米 世界のキャビア 熟成A5 米沢牛 浜名湖うなぎ 大分県産原木乾椎茸 世界の名酒 世界の名水

RSS
入手困難で究極に美味しい厳選した国内外の高級グルメ食材と飲料をお届けいたします。
食にこだわりのあるグルメなお客様のお取り寄せはもちろん、個人法人を問わず大切な方への贈り物に、食材の品質やグレードにおいて妥協を許さないレストランのシェフにも利用されています。
今後も新しい商品が続々と登場しますのでお楽しみにしてください。
クリスマスにカスピ海産ベルーガキャビア 世界一高価なアルマスキャビア 世界一高価なコピルアク
ガルム 烏骨鶏卵プレミアムヘルシーマヨネーズ
ハニー&サンズ クロアーゼ スペイン王室 ご用達 オリーブオイル オロバイレン
セゾンファクトリー ガルム

天然 コピ・ルアク ROSS KOPI ロスコピ 100g 専用化粧箱入り インドネシア産 野生のジャコウネコの糞から取り出した世界一高価なコーヒー豆

ROSS KOPI ロス・コピ
Ethical. Rare. Exclusive.
Sustainable Luxury & Philanthropy
最上級コーヒー コピ・ルアクの最高峰ブランド「ロス・コピ」が日本初上陸!
最上級のコーヒー豆「コピ・ルアク」最高峰ブランド「ロス・コピ」を取扱開始いたします。

創立者であるマシュー・ロスは5年の歳月をかけて天然のコピ・ルアクの研究を重ね、2014年12月「ロス・コピ」を設立いたしました。
コンセプトは、「Ethical. Rare.
Exclusive. Sustainable Luxury &
Philanthropy」

インドネシアのアチェ州の山岳地で収穫し、最新のテクノロジーと科学技術を駆使して最良のコーヒー豆を選びぬいています。野生のジャコウネコがその最良の美味しく熟した実だけを見つけて食し、糞として体外に出されます。コーヒーの実はパーチメントと呼ばれる固い殻に包まれ、消化されることはありません。ジャコウネコの体内を通すと、生成酵素の働き等で劇的に変化し、独特の美味しさが生まれます。




「ロス・コピ」は野生のジャコウネコを使用しているため、コピ・ルアクの反対運動先駆者であるトニー・ワイルドも「ロス・コピ」に関しては称賛しています。

ロンドンの老舗百貨店「ハロッズ」で販売されており、インドネシア大使館から推薦の手紙をもらうなど、品質の高さが認められ支持をされているブランドです。天然のルアクコーヒーにこだわり、気温、高度、植動物の条件、地形、全ての環境条件が適合したうえで、「ロス・コピ」の企業理念を理解して共有できる農家と緊密なパートナーシップを結んでいます。厳しい条件をクリアしなければ出荷はしないという徹底ぶり。

自然のエレメンツと人の細やかな技術が融合し誕生した「奇跡のコーヒー」。希少価値・究極の美味にご期待ください。
●コピ・ルアクとは
コピ・ルアクとはジャコウネコがコーヒー豆を食し、その糞から採られる未消化のコーヒー豆のことです。「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名。その中でも天然のルアクコーヒーは工程に非常に手間がかかり、希少価値が高い。
●「ロス・コピ」の商品概要
【内容】 コピ・ルアク100%
【希望小売価格】 1杯(80ml) あたり約4,500円 (参考例:リッツカールトン東京、一杯7,000円)
コピ・ルアクの最高峰 「ロス・コピ」が、いよいよ登場!
Japan launch limited locations!
Exclusive, Sustainable, ethical, luxury,
expensive-for-reason
〆芭匹瞭Α最上級の
コーヒー


「ロス・コピ」は5年の準備期間を経て、2014年12月、設立。
インドネシアのアチェ州の山岳地で契約ファーマーたちにより収穫、最新のテクノロジーと科学技術を駆使して最良の豆を選びぬき、最上質のコーヒーだけを、皆様にお届けします。
「ロス・コピ」は、天然のルアク・コーヒーです。

美味しさの秘密

ルアクは、ジャコウネコのこと。
野生のジャコウネコが、美味しく熟した実だけを見つけて食します。

コーヒーの実は、パーチメントと呼ばれる固い殻に包まれ、消化されることはなく、糞として体外にだされます。ルアクの体内を通すと、生成酵素の働き等で劇的に変化し、独特の美味しさが生まれます。
4少価値の「奇跡のコーヒー」

自然のエレメンツと人間の細やかな技術が融合し、偶然のチャンスに恵まれたときだけ、「ロス・コピ」は完成します。

究極の美味、たいへん希少価値のある、まさに「奇跡のコーヒー」です。

どうぞ、ご期待ください。

★コピ・ルアクの反対運動の先駆者であるトニー・ワイルドも、ロス・コピに関しては、野生のジャコウネコを使用しているということで、称賛しています。

★インドネシア大使館からの推薦の手紙をもらうなど、支持をされているブランドです。

★英国HARRODSで販売されています。 (約¥400,000/kg)

★Peninsulaの記事で、Ross KopiファウンダーのMattのコーヒーについて記載されました。

★希望小売価格、一杯4,500円。(参考例:リッツカールトン東京、一杯7,000円)


●マシュー・ロス プロフィール

コーヒークリエイター、起業家。
大手金融会社から独立し、ロス・コピを設立。コピ・ルアクを生産するにあたり、天然のジャコウネコを使用するなど環境に配慮し、また現地人を採用することによりインドネシアの雇用を生み出している。
趣味は読書とワイン。


ジャコウネコが、コーヒーの実を食べ、 消化されずに、糞として体外に出てくるコーヒーの種がコーヒー豆です。ジャコウネコの体内を通すと、生成酵素の働き等で劇的に変化し、独特の美味しさが生まれます。
これが、美味しさの秘密です。

通常のコピ・ルアクは、ケージにいれたジャコウネコに無理矢理コーヒーの実を食べさせ、糞として体外に出されます。それは、ジャコウネコにとって、大変ストレスがたまることであり、動物愛護の方に大反対されています。

しかし、ロス・コピのコピ・ルアクは、全て野生のジャコウネコを使用しています。コピ・ルアクの反対運動の先駆者である、トニー・ワイルドも、ロス・コピに関しては、野生のジャコウネコを使用しているということで、称賛しています。

野生のジャコウネコを使用することで、糞を探すのにファーマーの雇用を生み出しました。ファーマーたちは、300マイルの範囲を手作業でジャコウネコの糞を探します。
そのため、とれる数量も限られます(年間350kgのみの生産、50人ものファーマーにより4ヶ月かけて生産されます)し、貴重であることがわかります。自然のエレメンツと人間の細やかな技術が融合し、偶然のチャンスに恵まれたときだけ、「ロス・コピ」は完成します。究極の美味、たいへん希少価値のある、まさに「奇跡のコーヒー。」

世界一手間暇をかけ、エネルギーをかけているコーヒーです。
ファーマーを雇用することにより、インドネシア大使館からの推薦の手紙をもらうなど、政府からも支持されているブランドです。

ロス・コピのコピ・ルアクは、英国HARRODSで販売されています。約¥400,000/kgです。美味しさと希少価値が認められたブランドという事がわかります。

Exclusive, Sustainable, ethical, luxury
贅沢、真のラグジュアリーとは、手の込んだものである
LUXURY
/燭隷埖瑤箸蓮


真の贅沢・ラグジュアリーとは、消費者から生産者まで、全員が幸せに
HAPPYになれること。

          ↓

ロス・コピは、消費者がコーヒーを飲む(購入することで、生産者(現地の人)にも、お金がまわるようになり、全ての人がWin-Winになる商品です。

ETHICAL、EXCLUSIVE
▲┘轡ル?


コーヒーを消費することで、現地の人(生産者)にもお金がまわるようになる。彼らは、自分たちの生活を守れるだけの数量を生産します。


例えば、無理矢理食べさせるのではなく、環境と製造を調和させた製品となっています。



 コピ・ルアクが登場する映画
「かめも食堂」では、映画の中で、コピ・ルアクは、コーヒーを美味しく淹れる魔法の言葉として登場します。

北欧フィンランドで、レストラン”かもめ食堂”を開店した女性と、それぞれに事情をかかえ、そこに集まる人々の心の交流が描かれた心あたたまる作品です。
映画の終盤では、店主があるきっかけでコピ・ルアクを手に入れ、食堂に集う人々と共に、その貴重な味を楽しみながら、心開きあい、語り合うシーンがあります。まるで、コピ・ルアクが人々の心に魔法をかけたかのように、自然と心開かせ、あたたかい時間を作ってくれたのだと感じます。
「最高の人生の見つけ方」では、映画の中で、金持ちが飲む最高級コーヒーだと思っていたのに、「それは猫の糞で作られているんだぜ」といわれ、”死ぬまでにしたいこと”の1つであった「死ぬほど笑う」ことができる場面で登場します。

金持ちで、会社をいくつも持ち、金稼ぎに忙しく、口が悪く、悪態ばかりのエドワード(ジャック・ニコルソン)。家族のために夢を諦め、真面目に車の整備工として働いていた誠実なカーター(モーガン・フリーマン)。真逆の人生を歩んできた2人が、同じ病気にかかり、同じ病室で出会い、余命宣告をうけてしまいます。お互い辛い治療に耐え、苦しむ姿を目の当たりにする・・・2人は人生の終わり方について考えるようになります。そして、2人は旅に出る決心をします。死ぬまでにしたいことリストを握りしめて。

映画終盤、悲しいことにカーターが先に亡くなってしまうのですが、カーターは最期にエドワードに笑撃の事実を告げます。エドワードが愛飲していたのがコピ・ルアクなのです。そこで、最後に「死ぬほど笑う」ことができます。

幻のコーヒー「コピ・ルアク」は2つの映画において、人々の心を通わせる役割となっていました。愛する大切な方と語らうその時に、となりにコーヒーを。この映画たちのように、幻のコーヒー「コピ・ルアク」が素敵な時間を作ってくれるはずです。

Ross Kopi ロス・コピ

創立者 マシュー・ロス

5年の歳月をかけて、マシュー・ロスは、天然のコピ・ルアクの研究を重ね、2014年12月、ロス・コピを設立いたしました。
これからも、究極の美味、最高峰のコーヒーを追求してまいります。
APPROACH 〔アプローチ〕
天然のコピ・ルアクの複雑な製造過程やその特徴を見つけ出すまで、私たちは、幾度も現地へ赴き、調査や分析、研修を繰り返し、それはまさに試行錯誤の連続の長い道程でした。私たちは天然のコピ・ルアクだけを扱っております。収穫のプロセスは大変難しく、多くの時間を要します。天然のコピ・ルアクは、他のコーヒーと比べて、たいへん特殊です。製造過程の小さな一つ一つの違いが、風味と味わいに大きな影響を与えます。私たちは、自然界の調和を保ちながら一定の製品を造り続けるという難しい課題に取り組み、唯一の方法として、原料にこだわり選び抜くことにしました。
SOURCING 〔原料〕
私たちは、天然のコピ・ルワクの収穫にあたり、農家選びに厳しい基準を設けています。そのために、遠くインドネシアのアチェ州の山岳地、ジャコウ猫が生息するジャングルまでも赴きます。気温、高度、植動物の条件、地形、すべての要因が、コーヒーのテロワール(土壌)を形成するのです。
環境条件が適合したうえで、私たちの企業理念を理解して共有できる農家と出会えたとき、私たちは、各農家と緊密なパートナーシップを結んでいます。
ANALYSIS 〔検査分析〕
私たちは、製品の品質管理を最優先に考え、入念な商品検査、分析を欠かしません。
まず収穫時に農家でバッチ毎に全て検査を行ったのち、再び自社の研究所で検査、分析を行います。
天然のプロセスを見守りながら、全ての製造段階で検査分析を行い、最新のテクノロジーと科学技術を駆使して安全管理に努め、最良の豆を選び抜きます。
世界で最も希少価値があり、最も美味しい特別なコーヒーを、いつも完璧な一杯として届けられるよう、農園でも工程の細部に至るまで分析、検査、改善を続けています。品質には一切妥協をしません。厳しい基準を通ったものしか出荷を許さないため、時には「出荷できるものがない」という事態になっても、止むを得ないとしています。
EDUCATION 〔生産者の研修〕
私たちの求める厳しい基準の維持とモニタリングには、私たちと農家、双方の積極的なコミットメントが不可欠です。そのため農家と力をあわせ、研修、分析、フィードバックを維持して行っています。
私たちのパートナーシップは、営利目的を超えて、農家とその地域の人々の暮らしをサポートし活性化していうことを目指しています。
ロス・コピは、ルアクコーヒーの品質基準、生産の持続性、動物愛護の精神に於いて、業界の模範になっています。
私たちは、コーヒーの品質認定制度を推進するインドネシア政府に協力し、コピ・ルアクにまつわる古い言い伝えを払拭し、農家や消費者たちが、このコーヒーについて正しい知識を身につけるよう努力しています。

LUWAK DELICACY 美味しさの訳は・・・
TERROIR 〔土壌〕
コーヒーは、ワイン同様に、産地の環境によって特徴が決まります。ロス・コピには、特定のテロワールが必要です。「テロワール」は、ワインや茶やコーヒー等の栽培に適した土壌のことで、方位や土質や雨量等植物の生息条件の全てです。
私たちは、理想的な味わいのコピ・ルワクを求めて、特定のエリアの最適なコーヒー農家を選んでいます。
ARTISAN 〔職人技〕
私たちは、原料を、山岳地の小規模農家から仕入れています。代々受け継がれている家族経営のコーヒー栽培農家は、豊かな職人技と確かなスキルを持っているからです。利益優先の商業化が進む現代社会の中で、ロスコピは、地元の人々の暮らしを尊重し、支援できることを誇りにしています。
PROCESS 〔生産プロセス〕
本物の天然コピ・ルアクを製品化するには、いくつもの課題がありました。
産地は険しい山岳地のジャングルにあり、気象の変化が激しく、交通手段や通信手段も乏しく危険を伴い、文化的な違いにも対応しなくてはなりません。さらに問題は、野生のルアクをいかに放牧するか、です。ルアクとは、ジャコウネコのことで、夜行性で、ジャングルの闇を自由に歩き回り、まるでトリュフを探すように、コーヒーの実の中から、美味しく熟した実だけを見つけて食します。本能的に鋭く、彼らだけの感覚です。檻の中で人間から与えられる豆を食す養殖のルアクと、自由にジャングルを駆け回り、自ら選び取った豆だけを食す野生のルアクでは、大きく違います。
ルアクの生成酵素は、コーヒーのタンパク質成分に作用して、苦みを和らげ、特有の甘く芳醇な香りと、なめらかな味わいが生まれます。
RARITY 〔希少価値〕
私たちの「コピ・ルワク」は、たいへん希少価値のある特別のコーヒーです。究極の美味と言えるでしょう。それは、自然のエレメンツと、人間の熱心で、細やかな能力の融合。その条件が整ったうえで、ピュアなチャンスが訪れたときにだけ、誕生します。
「奇跡のコーヒー」と称される由縁を、ご理解いただけたでしょうか?
DELIVERY 〔お届けまで〕
最高品質のコーヒー豆を確保するために最善を尽くすのはもちろんですが、ロス・コピの目標は、それだけに止まりません。
コーヒー豆が、一杯のコーヒーとなるまで、その行程に携わる全ての人々が、私たちと同じくらいコーヒーを愛し、大切にしてほしいと思っています。焙煎は、当社の豆を扱うに相応しく信頼できる世界有数の焙煎業者を選んでいます。
そして、ロス・コピを淹れる最終工程は、世界的最高レベルのバリスタの手にのみ、委ねています。




天然 コピ・ルアク ROSS KOPI ロスコピ 100g 専用化粧箱入り インドネシア産 野生のジャコウネコの糞から取り出した世界一高価なコーヒー豆

価格:

40,000円 (税込 43,200円)

[ポイント還元 432ポイント〜]
購入数:

在庫

在庫あり

この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

※ロスコピ、ハーニー&サンズ以外との同梱はできません。他の商品と同時にご注文いただいた場合は、送料は別途必要になります。オーダーが入り次第国外にてロースト、空輸となる為お届けまでに2週間ほどかかる場合があります。

■品名
レギュラーコーヒー

■原材料
コーヒー豆

■豆の状態
焙煎した豆のまま(ホールビーンズ)

■生豆生産国
インドネシア

■内容量
100g

■保存方法
直射日光、高温多湿を避けてできるだけ早く使用してください。

■お届けについて
お届け希望日時は可能な限りお受けいたします。お歳暮やお中元など贈答用の熨斗や名入れの希望もご注文時のご要望欄にお書きいただければ対応いたします。